2019年11月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    v1521632299

    1: 砂漠のマスカレード ★
    2019/10/10(木) 07:44:09.92 ID:nuld23lp9.net [1/2] AAS
    野球界には、ときどき「怪物」と呼ばれる者が現れる。
    元祖怪物・江川卓、「ゴジラ」こと松井秀喜、投打二刀流で「100年にひとり」と言われる大谷翔平……。
    野村克也さんの新刊『プロ野球怪物伝』(幻冬舎)では、教え子である田中将大、「難攻不落」と評するダルビッシュ有から、ライバルだった王貞治、
    長嶋茂雄ら昭和の名選手まで、名将ノムさんが嫉妬する38人の「怪物」を徹底分析しています。

    *   *   *

    バッター最強の怪物が中西太さんなら、ピッチャーのそれは金田正一さんしかいない。
    なにしろ、あの天才・長嶋がデビュー戦で4打席4三振をくらったピッチャーである。別格だった。
    でなければ、400勝などというとてつもない記録を打ち立てられるわけがない。

    私とはリーグが違ったので、対戦したのはオールスターとオープン戦程度だったが、どうしても名前負けしてしまった。
    「天皇」という異名をとったように、「地球は自分中心に回っている」と考えているタイプの典型で、マウンドでも堂々としているから、戦う前から呑まれていた。
    オールスターのときは三振をとることしか興味がないから、ひとりでもバットに当てられたらもうやる気をなくしていたが、本気で投げたときのボールはすごかった。

    球種はストレートとカーブだけで、ストレートはもちろん史上最速といえるほど速かったが、それ以上にカーブがすごかった。
    当時の選手としては飛び抜けて背が高く、しかもオーバーハンドだから、まさしく2階から落ちてくる感じ。
    途中まで高めのストレートだと思っていると、ガクンと落ちる。
    だから、はじめて対戦するバッターは必ずお辞儀して見送るか、ワンバウンドを空振りしてベンチに帰ってきた。

    いまはそういうカーブ、すなわちドロップを投げるピッチャーがいなくなった。

    余談だが、昔、西鉄に西村貞朗というピッチャーがいて、この人のカーブもすごかった。
    木塚忠助、蔭山和夫という当時の南海の1、2番コンビが、西村さんのカーブをよけようとするあまり、うしろにひっくり返ったのをネット裏から見たことがある。

    ところが判定はストライク。バッターの頭に当たる直前で、ググッと曲がり落ちたのである。
    それを見たとき、「とても打てない」と思ったのを憶えている。ネット裏から見て打てないと感じたのだから、相当なものだ。
    事実、1955年に日米野球で来日し、15勝0敗1分と圧倒的な強さを見せたヤンキースの名将ケーシー・ステンゲル監督が「アメリカに連れて帰りたい」と語ったほどだった。

    話を金田さんのカーブに戻せば、金田さんのカーブは、厳密にいえばボールだった。

    バッターの前を通過するときは高めにはずれているのである。ところがそこから鋭く落ちるから、キャッチャーミットに収まるときはストライクになっている。
    審判がだまされてしまうのだ。ベンチからはボールの軌道がよくわかるので、「高いよ、ボールだよ」と野次るのだが、キャッチャーはど真ん中で受けているので、審判は「いや、入っています」と言って聞かなかった。

    のちにロッテに移籍したとき、金田さんと手の大きさを較べたことがある。
    金田さんの指は、私より一関節ぶん長く、しかも太かった。もしかしたら、あのカーブを生み出す秘密のひとつだったのかもしれない。


    *   *   *
    http://l.moapi.net/https://blogos.com/article/409179/
    幻冬舎plus2019年10月08日 07:25
    raw

    【【野球】金田正一 ピッチャーとしては別格、監督としては失格 - 野村克也】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    g5849657

    1: 風吹けば名無し
    2012/11/22(木) 01:28:51.11 ID:nmPXxzxg [1/5] AAS
    谷繁元信 .300 8 54 (1996)
    相川亮二 .302 2 33 (2007)
    嶋基宏 .315 3 43 (2010)

    なんだったのか

    【西山秀二 .314 3 41 (1996)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    201910250000774-w1300_0

    1: ひかり ★
    2019/10/17(木) 19:03:47.27 ID:c7yX6Taq9.net [1/1] AAS
     ◇プロ野球ドラフト会議 (2019年10月17日)

     プロ野球のドラフト会議は17日に東京都内で開催され、巨人が5位で星稜の山瀬慎之助捕手(18)を指名、交渉権を獲得した。巨人は今季限りで阿部慎之助捕手(40)が
    現役引退するが、阿部を憧れの選手とする同じ名前の山瀬が、巨人から指名。入団か決まれば、“慎之助2世”としてプロの世界に踏み出す

     山瀬は今夏は主将として、小学4年からバッテリーを組んできた奥川とともに、星稜を夏の甲子園大会24年ぶり準優勝に導いた。山瀬は「肩だけは誰にも負けたくない」と
    プロの世界でも「武器」を最大限に生かす。

     高校野球生活は挫折からにスタートだった。1年春にベンチ入りをした奥川に対し、山瀬は1年秋と一足遅かった。それからは、キャッチボールから意識を入れ替え、
    ひたむきに実力を磨いた。二塁送球完了1・8秒台の強肩と巧みなインサイドワークで高校日本代表に選出されるまでに成長した。

     巨人は、阿部が今季限りで現役引退。捕手陣は30歳の小林が68試合で先発マスクをかぶり、西武からFA移籍の32歳・炭谷が41試合、26歳の大城が30試合だった。
    3捕手がレベルの高い争いを繰り広げ、その他の捕手陣とは水をあけている印象が強い。次世代の正捕手候補の獲得、育成は急務となっている。

     ◆山瀬 慎之助(やませ・しんのすけ)2001年(平13)5月4日生まれ、石川県出身の18歳。軟式野球の「宇ノ気ブルーサンダー」で小学2年から野球を始める。
    4年時から捕手で奥川とバッテリー。ともに進学した宇ノ気中で、全国中学軟式野球大会を制覇。星稜では1年秋からベンチ入り。1メートル77、85キロ。右投げ右打ち。

    スポニチ
    http://l.moapi.net/https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00000229-spnannex-base
    【【ドラフト】巨人に慎之助捕手!5位で奥川の女房役、星稜・山瀬を指名】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    unv17112910020002-p1

    1: ニーニーφ ★[sage]
    2019/10/23(水) 18:27:18.80 ID:MGNVvGjJ9.net [1/1] AAS
     中日からドラフト4位指名された郡司裕也捕手(21)=慶大=が23日、横浜市港北区の慶大野球部合宿所で指名あいさつを受けた。

     即戦力として期待がかかる郡司は、「開幕1軍」を目標に掲げ、
    「僕のセールスポイントは頭を使ったリード、配球、試合全体を見た指示、コミュニケーション。なかなか目に見えにくいが、そういったところを見てもらえれば」と話した。

     球団側も頭脳を高く評価しており、指名あいさつをした米村チーフスカウトは
    「投手をいかにリードするか、ピンチの時にどう対応するか、そういうところをわれわれは評価している。高校(仙台育英)の時はオール5で、そういう部分も評価している」と語った。

     そんな頭脳派捕手は現在、卒論にも取り組んでいる。テーマは「バーチャル野球とリアル野球の比較」。
    人気ゲーム「実況パワフルプロ野球」を利用した野球の研究といい、
    「野球部員に協力してもらい、パワプロの上手い人は実際の野球はどうかを見ている。パワプロが上手い人も野球の上手い人も、あちこちを見るのではなく、見るべきところを抑えている」と研究成果の一端を明かしていた。


    http://l.moapi.net/https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191023-00010018-chuspo-base
    引用元:中日スポーツ
    【【野球】中日・ドラフト4位の慶大・郡司、高校時代はオール5の頭脳派捕手 卒論は「パワプロを用いた野球の研究」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20191018s00001173090000p_view

    1: 風吹けば名無し
    2019/10/22(火) 11:01:04.87 ID:neezKpsl0.net [1/6] AAS


    http://l.moapi.net/https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-00000053-spnannex-base

     ロッテからドラフト2位で指名された東洋大・佐藤都が埼玉県内の合宿所で、永野吉成チーフスカウトらから指名あいさつを受け、捕手史上初となる「トリプルスリー」を目標に掲げた。
    本塁から二塁までの送球タイムが1・8秒という強肩に加え、今秋リーグ戦で4盗塁をマークした50メートル5秒9の快足。リーグ戦通算8本塁打のスラッガーは「誰もやったことがないことをやりたい。捕手でトリプルスリーをやった人はいない」と大きな夢を口にした。

    【ロッテ2位指名 東洋大・佐藤都、目標は捕手初トリプルスリー!「誰もやったことがないことを」】の続きを読む

    このページのトップヘ