丹波慎也

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ans-340434674

    1: 名無し募集中。。。 
    2019/06/10(月) 11:51:44.71 0.net AAS
    腐ってもヨタ高でレギュラーだったのに

    【横浜高校でキャッチーやっていた上地雄輔って何でプロ行かなかったの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    転載元:

    images-1757
    http://masato18resolution.com/archives/5766

    1: ほニーテール ★ 2018/08/12(日) 11:13:34.25 ID:CAP_USER9 (1/1回レス) []
    俳優、歌手の上地雄輔がラジオ番組に出演し、横浜高校野球部時代のエピソードを紹介した。 


    上地が横浜高校野球部出身でキャッチャーとして活躍していたことは有名だ。小学校、中学校時代は、天才野球少年と言われ、その才能は全国の高校38校からスカウト受けるほど。 

    そんな上地が名門横浜高校に入学を決めた理由は、中学三年生の夏、テレビで見た横浜高校のある試合。相手校の打者をズバズバ三振に仕留めるその横浜高校のある投手を見て「俺、この人のいる学校に行く」と決めたという。 

    横浜高校に入りそんな憧れの先輩と兄弟のように行動を共にし、監督からも「お前らバッテリーで行くぞ!」と言われていたある日。先輩は突然亡くなってしまった。ほんの数時間前まで一緒にいた上地には信じられない出来事だったという。あまりに突然の信じられない状況に、当時好きだったアニメ「タッチ」が現実に起きているかのような錯覚を覚えたそうだ。 

    そして、次の年、怪物松坂大輔が入学して来る。しかし、松坂の球を最初受けたときの印象は「そうでもなかった」という。当時太っていた松坂は、球は速いがコントロールがいまいち。強豪横浜高校の先輩ピッチャー陣の球を受けていた上地は「これはモノになるのかな?」と半信半疑だったらしい。しかし、厳しい練習を経て、体が絞られていく松坂の次第にコントロールが定まり球威も増して「怪物」になっていったという。 

    番組ではアニメ「タッチ」の浅倉南役日高のり子も出演し、タッチの裏話や、土田・上地が悶絶した浅倉南名セリフリクエストを紹介した。 
    (8月5日放送 ニッポン放送「土田晃之日曜のへそ」より) 


    【【ラジオ】 「まるでタッチみたい!?」 上地雄輔横浜高校物語】の続きを読む

    このページのトップヘ