内川聖一

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    _AC_SY400_

    1: 風吹けば名無し[sage]
    2010/12/08(水) 18:04:03.72 ID:QCN4Nfxq [1/3] AAS
    橋本、横浜球団に変革要望 契約更改交渉の席で

    横浜の橋本将捕手が8日、契約更改交渉の席で3年連続最下位の球団に対し、変革を強く訴えた。
    移籍1年目を終え「こんなチームもあったのかと感じた。勝てないのだから、変えないといけない」と苦言を並べた。
    来季が2年契約の2年目で、現状維持の年俸7500万円プラス出来高払いでサインしたが、交渉は提言に終始。
    「試合中にベンチにいる選手が少ない」など、試合に臨む姿勢、意思疎通の欠如を挙げ「ありえないことが当たり前になっていた」。
    訴えを聞いた河本明取締役は「(変革が必要なのは)みんなが思っていること。一丸となって戦わないと」と話した。

    【横浜橋本「ありえないことが当たり前になっていた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    main_ticket_sapporo_sp

    1: 風吹けば名無し 
    2012/01/23(月) 20:05:55.92 ID:+TcZ34xM [1/2] AAS
    難民キャンプで迎えた対大正義巨人軍とのチャリティー戦 
    先発の戦争孤児が大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった 
    キャンプに響く難民のため息、どこからか聞こえる「今年も5歳未満の死亡率は2割超えだな」の声 
    栄養失調で倒れ始める選手達の中、昨年の日ハム小笠原は独りベンチで泣いていた 
    日本では当たり前の安全、
    食事、医療、そして何より夢と希望を与える野球・・・ 
    それを今のアフリカで得ることは殆ど不可能と言ってよかった 
    「どうすりゃいいんだ・・・」日ハム小笠原は悔し涙を流し続けた 
    どれくらい経ったろうか、日ハム小笠原ははっと目覚めた 
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した 
    「やれやれ、帰ってエイズの特効薬の研究をしなくちゃな」日ハム小笠原は苦笑しながら呟いた 
    立ち上がって伸びをした時、日ハム小笠原はふと気付いた
    【日ハム小笠原「どうすりゃいいんだ・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    img_1

    1: 風吹けば名無し 
    2011/11/28(月) 22:24:18.76 ID:A0YkLwmZ [1/1] AAS
    度重なる畜生発言に、ついにあの畜生も激怒した。 

    「横浜でのアゴタッチは道化みたいで嫌だった」…あるインタビューでソフトバンク・内川聖一選手が言い放った言葉だ。 
    今まで内川の過激な発言を黙認してきた、悲しくないピエロこと巨人小笠原(38)も、 
    「キンッタマきた。なんだろ、アレ(43)は!」と、流石に金玉袋の緖が切れた。 
    「ここにいたら内川がダメになると思った」と、カッスは早速リリーフカーに乗り込み時速334キロで福岡に向かい、 
    9800件の事故を起こしながらもヤフゥードームに到着。 
    バッティング練習中の内川に、カッスは「お!チックゥー!」とアゴにキンタマでタッチして挨拶。 
    「僕自身畜生と叩かれる喜びもあった」「射精し過ぎて申し訳ない」等、自身の体験談を43時間0分に渡って内川に語った。 
    最後に内川が「あなたも日ハムから巨人に行ったじゃないですか」と言うと、カッスは頭を抱え込み何も言わなくなってしまった。 
    そして内川に畜生巻きバットでキンタマをドーンときてガシャーンと殴られ死亡。 
    これに対し大正義原監督は「横浜を出る喜びを見せてほしいね(ニッコリ」とコメントし、来シーズンの巨人村田の活躍を期待した。
    【巨人小笠原、内川にキレる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    転載元:
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1522045450

    0003
    http://www.yoppy.tokyo/articles/10138/

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/26(月)15:24:10 ID:1rw (1/1回レス) []
    誰のを読みたい?
    【内川聖一、小笠原道大、新井貴浩、里崎智也の中から一人が主人公の野球漫画が出たら】の続きを読む

    このページのトップヘ