審判

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【同窓会ワイ「あれ?白井さんと橘高先生は?」 敷田「二人とも用事があるって帰ったよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1954_l-001

    1: 風吹けば名無し 
    2011/10/25(火) 19:31:33.59 ID:6WQGqCfo [1/1] AAS
     1954年、中日初の日本シリーズ優勝天知監督。プロ野球経験は無い。元々は六大学の審判で、新聞記者だった。 

     この年は戦後から僅か9年目、日本全体がまだ貧しく、ご他聞に漏れず、中日ドラゴンズの選手達も食うや食わずの生活をしていた。 
     中日監督天知俊一は、選手達に腹いっぱいの食事をさせてやる為に自らの給料は下より、家財道具から奥さんの着物、貴金属に至るまで、金目の物は全て質入して現金に替え、選手達に米、肉、卵等の食料品を買って食べさせた。 
     当然、天知監督の家族は「赤貧洗うが如し」の困難な生活を強いられた。 
    その監督の思いを知っている選手達は、「オヤジ(監督)の為に優勝するんだ」と誓いを立て、懸命に勝利を重ね、「天知一家」と称される程の団結力を誇り、日本一の座を手に掴んだ。 
     優勝が決まった瞬間、天知監督目掛けて西沢、杉山、杉下、石川等の主力選手を中心に駆け寄り、「オヤジ~、オヤジ~、優勝したぞ~」の大声と共に、全選手が天知監督を囲んで号泣した。 
    【中日の天知監督が名将すぎる件wwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ