image_streamer

1: 名無しさん@おーぷん
2015/04/03(金)01:29:34 ID:xkc [1/1] AAS
世紀の対談が実現した-。「虚林不正肘」「保険屋辞めたら2分で当たり屋」などの愛称で知られる歪捕手巨人小林(25)と
かつて「グラウンドの詐欺師」として名を馳せた元広島OBの達川光男氏との対談が今月16日、五反田のラブホテノレで行われた。
巨人小林はまず「野球選手としても、詐欺師としても大先輩。一度お会いしたかったです。」と、感激の様子。
感激のあまり「右肘にあたったのに、左肘をつねって赤くしたときの痕を見せてください」「胃に汗をかくまで故意死球の練習につきあってください」などと、達川氏の黒歴史をあっさりほじくり返す。
この”口撃”にムッとした達川氏は「あのねあのね、アレは絶対にやったらいかんプレーですよ」「小林くんは所詮村田善則レベルですよ」
さらに「梅野くんはモノが違いますよ」とコッスのライバルを引き合いに出して痛烈に批判。
この発言に激昂したコッスは達川が目を逸らした一瞬の隙をついて内角高めに肘打ちをお見舞い。
履いていた靴を脱ぎ、ソックスをずらして「当たった!当たった!」と記者にアピールするものの判定はボール。
その間にコッスは達川氏の後頭部にもう1発肘打ちを入れ、衝撃でコンタクトが外れた達川氏は床に這いつくばってそれを探したが見つからずに無事死亡、
逃走しようと部屋の出口へ向かったコッスも、現金が9670円しかなかったためチェックアウトできず無事死亡した。
この件関し大正義巨人軍の原監督は「直前にジュースを買ったのが敗因だな。あそこで流れが決まった」と冷静にコメント。
なお明日の試合はコッスの先輩であるうなぎがマスクをかぶる模様。
【巨人小林、達川光男氏と対談し死亡】の続きを読む