文学

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    IMG_20190820_220126

    1: 風吹けば名無し 
    2009/11/29(日) 20:14:27.14 ID:OlAwE/y7 [1/2] AAS
    里崎「ええ匂いやなぁ....時間あるし並んでみよ♪」 
    おかわり「大豚ニンニク野菜マシアブラ!!」 
    里崎「あれ?みんななに言うてるんやろ?」 
    ブストス様「大豚ニンニクマシマシ野菜マシマシマシアブラマシマシマシ!!!!!」 
    里崎「外人さんも何か言うてるわ.....次私の番やどないしよぉ......」 
    下柳「お客さん!!ニンニク入れますか!?」 
    里崎「えっと....お、おまかせでぇ....」 
    下柳「はぁ!?うちは素人はお断りなんだよ!!おい新人!!こいつ頼むわ!」 
    小谷野「おぉ誰かと思ったらサトか!?お仕置きだ!おら、ケツ出せ!」 
    里崎「小谷野っ!い、いやや!こんなみんな見てるところでっ!」 
    小谷野「うるせぇ!極太肉棒精子マシマシ入りまーす!!」 
    里崎「あぁっ!スゴイボリューム!癖になりそうっ!はやとぉおおおお!」
    【里崎「ラーメン二郎?すごい行列やなぁ......」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3b4c8a33
    1: 風吹けば名無し 
    2012/03/15(木) 01:13:17.08 ID:ZCdx9BPr [1/1] AAS
    里崎「やっと見つけた・・・やっと見つけたでぇワンピース!はやとおお!」 
    坂本「あぁ分かってるよサト。僕達の夢が叶ったんだ・・・!」 
    里崎「(でも目的を達成してしまったという事はこれではやととの航海も・・・)」 
    坂本「まさかワンピースの正体がバットとグローブとボールだったとはね」 
    里崎「せ・・・せやね。ポーネグリフで野球とかいう競技のルールは散々見たから」 
    坂本「そういう事か!僕達の指名はこれから全世界に野球を広める事なんだ!」 
    里崎「えっ・・・!?ということはこれからもはやととずっと一緒に・・・!」 
    ???「オラオラ!俺の道具勝手に触ってんじゃねぇ!!」 
    里崎「この声は!?」 
    小谷野「てめぇはゾオン系最強ブタブタの実能力者淫乱豚里崎じゃねぇか!オラオラケツ出せぇ!」 
    坂本「早く全世界に野球を広めなくては!サッ!」 
    里崎「(アカン)イヌイヌの実モデル大作の小谷野には勝たれへん!助けて・・・はやとぉおおおおおお」
    【里崎「こっ・・・これがワンピース!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    comment_img_3

    1: 風吹けば名無し 
    2019/08/17(土) 01:04:48.52 ID:eeB3GLal0.net [1/2] AAS
    青峰「トモ、テメー!待たせんじゃねーよ ってオイ!何ですっ裸なんだよエロすぎだろ」 
    緑間「遅いぞ里崎、みんなを待たせすぎなのだよ そしてなぜユニフォームを着ていないのだよ」 
    紫原「智ちんさぁ~、遅れてきといて着替えてすらいないってどういうこと~ その真ん中にぶら下げてるやつ握り潰すよ~?」 
    赤司「遅いぞ智也、その可愛さに免じて許してやらんこともないが、罰として今日はそのまま試合に出ろ 僕の命令は絶対だ」 


    ホクロのバスケ最新話より
    【黄瀬「里崎っち、何してるんスか? 置いてくっスよ!ってなんスかその格好!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    IMAG1007-41fbc-thumbnail2

    1: 名無しさん@おーぷん 
    2018/11/24(土)11:02:22 ID:C1H [1/6] AAS
    草茂み ベースボールの 道白し

    明治29年夏の句。


    こんなん草生えるわ、じゃなくて草茂るわwwwwwwww
    【正岡子規、なんJ民だったwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    IMG_20190719_083412

    1: 名無しさん@おーぷん 
    19/07/21(日)22:45:39 ID:SuQ [1/1] AAS
    里崎「元気出して!そういう時もあるよ!」
    坂本「サト、僕が打てなかったのが悪いんだ……」
    里崎「そんなことないよ、はやと!はやとはようやっとるよ!」
    坂本「ありがとう、サト。優しいんだね……ごめん、僕は練習しに行かなきゃ。」
    里崎「あ、はやと!行ってもうた……励まそうと思ったのに。そや!練習するはやてに差し入れでも作りに行こっ!ブヒヒ、何を作ろうかな……って、おえへっ!?小谷野!?」
    小谷野「へへ、ようサト!相変わらず、美味そうな料理を作ってるな。」
    里崎「なんやの、小谷野。冷蔵庫のお肉に紛れて……ほら、はよ出てって。」
    小谷野「ちょうどいい、冷蔵庫に入ってる豚肉なんかより新鮮な肉を食いてえと思ってたところだ。オラッ、ケツ出せ!」
    里崎「いやっ!やめてぇや!豚さんみたいな顔で近づいてこんといで!!
    小谷野「それはこっちのセリフだ、この淫乱豚が!それでは、世にも珍しい、豚の踊り食いを堪能しまーす!」
    里崎「ぶひっ、ぶひいぃっ!はやとに、はやとにご飯を作ってあげへんとぉ!!」

    坂本「次こそ勝たないと……僕が打たなきゃいけないんだ。」ブンッブンッ

    里崎「はやとおおおおおおお!!」
    【里崎「はやと、四連敗してもうたんや……」】の続きを読む

    このページのトップヘ