野村克也

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    転載元

    20180113s00001007412000p_view
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/01/14/kiji/20180113s00001173174000c.html

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/13(月) 12:41:46.90 ID:CAP_USER9 (1/2回レス) []
    近年は少なくなってきたが、プロ野球の長い歴史の中でアッと驚くようなトレードが何度も行われてきた。 
    選手の野球人生を劇的に変えたトレード。週刊ベースボールONLINEで過去の衝撃のトレードを振り返っていく。 

    【トレード物語06】中日・星野監督がタブー視されていたトレードを実現【88年】 

    西本を高く評価していたの星野監督 
    [1988年オフ] 
    巨人・西本聖、加茂川重治⇔中日・中尾孝義 

    1986年オフに星野仙一監督が就任してから、中日ファンはオフになるとド肝を抜かれっぱなしだった。 
    ロッテ・落合博満を牛島和彦、上川誠二ら4人と交換した大トレードに続き、その2年後、 
    88年には中日にとっては永遠の宿敵ともいえる巨人と主力選手同士のトレードまでやってしまったのだ。 

    巨人・西本聖、加茂川重治両投手と中日・中尾孝義捕手の交換は、親会社が新聞を発行するマスコミのライバル同士であるということにとどまらず、 
    同一リーグの主力選手同士の交換というそれまでタブー視されていたことへの挑戦という意味で、画期的なものだった。 

    監督就任2年目の同年、早くも中日を優勝させた星野監督は次の大目標、日本一の座を目指して、日本シリーズが終わると休む間もなく補強作戦に明け暮れた。 

    中日は同年、球宴後、勝率.745という驚異的な強さで突っ走ったが、一つには勢いに乗った打線、もう一つはシーズン半分近い61試合に登板、 
    あらゆるピンチをくぐり抜けてチームに勝利をもたらした守護神・郭源治の存在があったからだ。 
    星野監督は、“勢い”でVまで突っ走ったことへの不安が心から離れなかった。 
    連覇できるチームにするには何が何でも投手力の強力な補強――これしかないと考えていた。 

    西本への思い入れには、そんな背景がまずあった。 
    西本は75年、松山商高からドラフト外で巨人に入団。持ち前の負けん気とキレ味鋭いシュートを武器に80年から85年まで6年連続2ケタ勝利。 
    81年には沢村賞を受賞していた。 
    しかし、チーム内の最大のライバル・江川卓に衰えが見え始めると、西本自身も緊張の糸が切れたように衰えを見せてもいた。 
    さらに首脳陣とのゴタゴタも目立ってきていた。 

    星野監督はこうした西本を、やる気を起こさせればまだまだとてつもない力を出す男と見て、むしろ、その“スポ根”を高く評価していた。 

    一方、中日の中尾は早くから天才的捕手として注目され、専大、プリンスホテルを経て、81年ドラフト1位で中日入りしている。 
    入団2年目の82年のリーグ優勝に貢献し、MVPを獲得したように、センスの良さとスピードのあるプレーで「従来の捕手像を変えた」とまで言われながら、 
    ガッツプレーが再三故障につながり、ゲームから遠ざかるマイナス面も呼び込んでいた。 

    この2人に加え、巨人側はほとんどファーム暮らしの加茂川をからませたとはいえ、両球団のファンにとっては、まさに驚天動地ともいえる大トレードだったことは間違いない。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171113-00000005-baseballo-base 
    11/13(月) 11:06配信 


    中尾孝義
    Nakao Takayoshi
    19562月16日
    1980ドラフト1位 兵庫県出身
    年度
    チーム
    TEAM
    打率
    AVG
    試合
    G
    打席
    PA
    打数
    AB
    得点
    R
    安打
    H
    二塁打
    2B
    三塁打
    3B
    本塁打
    HR
    打点
    RBI
    盗塁
    SB
    犠打
    SH
    犠飛
    SF
    四球
    BB
    死球
    HB
    三振
    SO
    出塁率
    OBP
    長打率
    SLG
    その他
    198125中日(5).243116319288377011252679319052.287.347
    198226中日(1).28211943439447111122184776628061.325.459MVP
    198327中日(5).24492301262366480164347229140.320.458
    198428中日(2).322762372083567141123556122035.385.572
    198529中日(5).28472227208315991112931017131.341.495
    198630中日(5).23898318294427014292021120263.290.391
    198731中日(2).291942992753480113164045215249.330.527
    198832中日(1).262952852562967153735510314145.299.426
    198933巨人(1).2288727123722546252766423141.294.333
    199034巨人(1).2545613511417292071802414020.326.456
    199135巨人(4).26431595351421151003310.339.396
    199236巨人(2)
    /西武(1)
    .188143532260216001208.229.406
    199337西武(1).250303432382014100118.294.406
    通算成績.263980295426533406991061910933545532720712463.317.441
    中尾 成績


    【【野球】トレード物語06 中日・星野監督がタブー視されていたトレードを実現 巨人・西本聖、加茂川重治⇔中日・中尾孝義【88年】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    転載元

    2015012018140737f


    1: 風吹けば名無し 2019/02/10(日) 18:25:45.42 ID:LxDOrhK90 (1/4回レス) []
    阪神タイガース 大豊 
    1999年 78試合 打率.341(164-56) 18HR 39打点 出塁率.403 長打率.750 OPS1.153

    【野村克也「大豊、一本足打法やめろ!」大豊「ぐぬぬ・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    転載元

    nom019-jpp016905286

    1: 名無し募集中。。。 2019/02/18(月) 01:38:23.41 0  []
    過去の大打者って意外と小さいんだね 
    それ以下の実力の大谷とか柳田とか松井とか木偶の坊すぎるでしょ

    【長島茂雄178cm王貞治176cm野村克也175cm落合博満178cm門田博光170cm衣笠祥雄175cm】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    転載元

    nom019-jpp01186308


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/04(月) 03:53:35.84 ID:f0RUs5+W9 (1/1回レス) []
    06年に廃部した社会人、シダックス野球部のOB会が3日、都内で行われた。 

    元GM兼監督の野村克也氏(83)をはじめ同社の取締役最高顧問・志太勤氏(84)や当時の選手、後援会員、マスコットガールなど約30人が集まり、旧交を温めた。 

    現在は学生野球の指導者になっている「野村チルドレン」も集結した。昨秋に大学日本一に輝いた立正大・坂田精二郎監督(44)は、志太最高顧問から優勝祝賀品に「志の鐘」を贈られた。 
    坂田監督は「シダックスで野村さんに3年間教わって、それがあったから日本一になれたのかなとあらためて感じています」と感謝した。 

    昨年、甲子園に春夏連続出場した中央学院(千葉)の相馬幸樹監督(39)や、甲子園初出場を目指す昌平(埼玉)の黒坂洋介監督(43)らも、恩師たちへの御礼と飛躍への決意を口にした。 

    野村氏はあいさつで「久しぶりに昔を懐かしんでおります」と切り出し、当時の思い出を語った。 
    「アマの監督とプロの監督を両方やったのは、私くらい。監督の立場に立ったら、言葉はいらない。考えていること全てが選手に伝わる」と“ノムさん節”は続き、教え子たちは聞き入っていた。 
    「年には勝てないけれど、もういっぺんアマチュア野球をやってみたいという思いはあります。志太さん、どうですか? もう1回やりましょうよ」と提案するなど、会を盛り上げた。 

    最後は「余計な話をしてしまったけれど、長く話していてもしょうがない。年とった証拠です」と言うと、当時のマネジャーの名前を呼び「(自分の話を)止めてくれ!」と一喝。 
    会場は大爆笑に包まれ、お開きとなった。 


     
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00469544-nksports-base
    2/3(日) 20:58配信

    【【野球】ノムさん(83)「もういっぺんアマ野球をやってみたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    転載元

    nom019-jpp04349921

    1: 風吹けば名無し 2019/02/08(金) 12:08:49.04 ID:OuW8I6xYM (1/7回レス) []
    「褒めるという行為には、相手に対する「変わる必要はない」というメッセージが含まれている。 
    現に、「周りから褒められた、認められた方法」を変えようとすることは勇気がいるだろう。 
    よく褒めてくれる上司が実は内心で自分に対して強い危機感を抱いていても、口にされねば分かりようもあるまい。 

    だから私は極々限られた超一流か、素質の薄い二流選手のみを褒める。どちらも現状から変わる必要がないからだ。 
    しかし今の世の中には「褒めて伸ばす」などという風潮が跋扈し、その結果 
    自分のやり方に固執し、変えることを拒絶し、耳心地のいい言葉にしか耳を傾けず 
    自らの可能性を狭める選手が増えてしまった事に無念な思いを抱えているのだ」 

    広岡や落合も「褒める」行為に対して同じようなことを言ってる

    【【悲報】野村克也さんの「褒めて伸ばす」指導への見解ωωωωωω】の続きを読む

    このページのトップヘ